もう眠くない!昼過ぎの眠気の解消法をお教えします!

昼食をとり、PCに向かうもボーっとしてしまう…

サラリーマンにありがちな午後の眠気への解消法をお教えします。

なぜランチ後眠くなるのか

体内時計的に当然だった!

日中の眠気への対処法を紹介する前に、眠くなる原因を見ていきましょう。

体内時計に関する記事で述べたとおり、人間はサーカディアンリズムと呼ばれる体内時計にしたがって生きています。この体内時計においては、不眠症等にり患していない健康な人間であっても、起床後6~7時間ほど経過した、13~14時あたりに一時的に休息モードに入るようになっています。

食事で血流が消化器官に流れて脳への血流が少なくなるこれは体内時計のメカニズムが原因なので、食事をしなくても眠くなりうるのです。

オレキシンの分泌低下もかかわる

食事をしていなくても眠くなりますが、食事も無関係ではない可能性があります。それは、オレキシンについての記事で紹介した、覚醒維持にかかわるオレキシンが関係しています。すなわち、食事をしたことにより、食欲がおさまり、オレキシンの分泌が少なくなることで、覚醒より睡眠に傾く可能性があります。ただし、これは実験等で立証されたものであり、可能性があるにとどまります。

 

日中の眠気の解消法

ホットコーヒーやホットティを飲もう

解消法の一つ目は、カフェインの摂取です。カフェインと睡眠の関係についての記事で紹介したとおり、カフェインは睡眠物質アデノシンの蓄積を妨げるなど、睡眠を阻害する作用があります。

また、コーヒーや紅茶を飲む場合、アイスよりホットをオススメします。というのも、ホットを飲むことで、体温が少し上昇し、アイスより、眠気がおさまりやすいためです。さらに、アイスの方が、ホットより吸収がやや遅いという見解もあります。したがって、アイスよりホットをおすすめします。

ただし、飲みすぎはカフェイン中毒などの問題を起こしますし、夕方以降に飲むと夜の睡眠へ影響しますので、15時までに、カップ1杯程度に抑えておいてください。また、胃酸の分泌を促進しますので、ランチ直後や何かを食べながら飲むようにしておいてください。

ガムをかもう

ガムをかむこともオススメです。これもセロトニンについての記事で紹介しましたが、日中のセロトニンの分泌は覚醒に貢献します。ガムをかむことで、集中力もあがります。特に、ミント味は清涼感があり、より覚醒の効果が期待できます。

なかなか仕事中にガムを噛むのもマナーの観点で難しいかもしれませんが、外回りで移動中等、誰かに会うわけでもなく、そこまで他人の目を気にする必要のないときには噛んでみてはいかがでしょうか。

冷水で手や顔を洗おう

冷水で手や顔を洗うのも効果的です。眠いと体表が熱くなってくるのと逆の動きで、眠気が出にくくなります。読者の皆さまも眠い時に冷たい水で手や顔を洗うと目が覚めた経験はあるのではないでしょうか。

外に出てみよう

眠気が生じているのは、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されているからですが、この分泌を抑えるのは、光が影響することはメラトニンについての記事で述べたとおりです。晴れている日には、可能であれば、外に出て、光を浴びるだけでも、眠気は飛びやすくなります。

実は会話するだけでも違う

これまでいくつか紹介してきましたが、最も簡単な方法は他人と話すことです。他人と話すことで、単調な作業に変化が現れるとともに、あれこれ考えていくうちに次第に脳が興奮状態となり、活性化されていくのです。隣の人と他愛のない雑談をするだけでも、眠気が軽減されます。

 

最後に

昼すぎの時間帯の眠気は、ランチをとらなくても生じる、しかたのないものです。今日は眠いな、という日には、紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。