仮眠の最適な時間と寝過ごさないコツをお教えします!

昼食後はどうしても眠くなってしまうものです。こんな時余裕があれば、無理に起きておくのではなく、仮眠をとるのもOK。仮眠の最適な時間や長さ、寝過ごさない方法をお教えします。

仮眠のすすめ

適時の短い仮眠は作業効率をあげる

昼過ぎの眠くてたまらない時間帯。誰にでもあると思いますが、もし可能であれば思い切って寝てしまうことをオススメします。なぜなら各種研究で、仮眠が集中力の増加につながることがあきらかになっているためです。無理に起き続けるより、あえて少し寝てしまった方が、集中力が増し、その後の生産効率も上がります。

仮眠が認知症予防にも

一部研究によれば、30分以下の昼寝をとっている人は全くとらない人に比べて、認知症の発症リスクが約7分の1といわれています。認知症予防の面からも、昼の仮眠は積極的にとるべきですね。

 

仮眠に最適な時間

仮眠は何分がベスト?

仮眠をとるにもまとまった時間をとれる人の方が少ないかもしれませんが、仮眠にベストな時間は10~20分程度です。5分程度の短さだと睡眠物質の除去には不十分すぎて、起きても頭がすっきりせず、集中力がそこまで上昇しません。逆に30分以上になってくると、ノンレム睡眠に入ってきてしまい、必要以上に深い睡眠となってしまうので、ぐっすり寝ていたところを突然起こされたかのような感じとなり、寝ぼけてしまいます。

何時ごろまでに仮眠をとるべき?

昼休みに寝るよ、という方には関係のない話かもしれませんが、あまり遅い時間に寝てしまうと、夜の睡眠に支障をきたしてしまいます。仮眠のリミットは午後3時。この時間以降に寝てしまうとアデノシンが溜まりきらず、寝つきが悪くなるおそれがあります。

 

寝過ごさないようするには

アラームをかけよう

寝過ごさないためには、当たり前ですが、アラームをかけましょう。バイブレーションにしておいて、スマホを握りながら寝るのもアリです。

仮眠時の体勢

仮眠時の体勢ですが、まず横になるのはNGです。横になってしまうと深い眠りに入りやすくなってしまい、寝過ごすリスクが高まるからです。背もたれに軽くもたれて首をあまりうなだれず、自然なポジションに保っておくくらいがちょうどよいです。頭が固定しないと気持ちが悪い方は、机に突っ伏す形もよいですが、背中を曲げすぎるとお腹を圧迫してしまうので、背中ができる限り伸びた状態にしておくべきです。

仮眠の前にカフェインをとろう

仮眠の前にカフェインをとっておくことは寝過ごさないために有効です。カフェインに睡眠を阻害する効果があることは、既に以前の記事で述べたとおりですが、このカフェインの聞き始めが20~30分程度であり、仮眠の適正時間経過後にちょうど聞き始めて起きる、といった形になり、よいタイミングでカフェインの恩恵を得られます。

 

最後に

仮眠のメリットなど、おわかりいただけましたでしょうか。ただ、1つ注意していただきたいのは、毎日のように昼過ぎ眠く、ちょっとの仮眠では全く頭がすっきりしない、といった方は病院で医師の診察を受けることをオススメします。そこまでひどくなっていないという方は、上記の方法で、短時間の仮眠を実践してみてはいかがでしょうか。