寝られないときに羊を数えると眠れる説を検証!

羊を数える

なかなか寝られないとき、布団の中でやることといえば、羊が一匹、羊が二匹と羊を数えること。

実は、この羊を数える行為ですが、特段の効果はありません。この記事では、羊を数えると寝られるという説の検証をします。

どこからこの説は出てきた?

この説は英語由来

羊が一匹、羊が二匹、と数えていけば寝られるという説は、実は英語でsheep、sheep、と数えていったことに由来しています。

なぜsheepという単語なのかというと、sheepがsleep=寝るにスペルが似ているので暗示になるというものや、息をひそめるように発するので、眠りが誘発される、といったものが理由として言われていますが、真偽のほどは定かではありません。

日本語だと全く意味がない

英語でsheep、sheepということにはそれなりの理由がありますが、日本に訳した羊が一匹、羊が二匹と数える行為は、特に呼吸が整われたり、睡眠を暗示するようなフレーズだったりするわけでもなく、ほぼ意味がないと言ってもよいと思われます。

 

寝られないときには

しばらく寝られなければ、ベッドから出てみる

なかなか眠くならない場合はベッドから出ましょう。寝室、特にベッドの上は寝るためだけの場所と意味づけておくことで、寝室に入り、ベッドに横たわれば、脳も寝るモードに入りやすいです。逆に言うと、眠くない時にベッドに入るべきではないのです。ですから、なかなか寝られないときには、ベッドから出た方がよいのです。

副交感神経系を優位にする方法を試してみよう

寝られない時には副交感神経系を優位にする方法を試してみましょう。深呼吸や軽いストレッチ、筋弛緩法などがあります。詳しくは、道具いらず!副交感神経系を優位にしよう!をご参照ください。

最後に

以上、巷でいわれている「寝られないときには羊を数えると寝られる」という説の検証と、寝られない時の対処法をご紹介しました。以前のホットミルクの効果検証の記事も同様ですが、正しい情報でちゃんと寝られるようにしたいですね。