寝がえりにはどんな意味があるの?

皆さまが寝ている間に無意識にうっている寝がえり。これにはちゃんとした意味があったのです。本記事では、その寝がえりにどんな意味があるのか、見ていきたいと思います。

寝がえりの意味とは?

意味①:体重による圧力を分散するため

寝がえりには2つの意味があります。1つ目の意味は、体重による圧力を分散するためです。例えば、仰向けでずっと寝ていると、背中やお尻のマットレスとの接触部分に体重がかかり、凝りやすくなったり、痛めやすくなるほか、血流も悪くなってしまいます。寝がえりにより、横向きなどになることで、接触面が変わるので、血流も良くなります。

意味②:熱を発散するため

寝がえりの2つ目の意味は、熱を発散するためです。皆さまの中にも、ずっと仰向けで寝ていたために背中に熱が溜まってしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。背中に熱が溜まると体温も上がり、夜中に起きてしまいかねません

きちんと寝がえりをうつために

寝がえりの打ちやすいマットレスで寝る

適度に寝がえりを打つためには、何よりもマットレスの反発が重要です。スプリングが悪くなったり、兆低反発で、身体が沈み込むようなタイプだとなかなか寝がえりを打てない場合があります。長い間マットレスを変えず、また起きた時に腰などに痛みや凝りを感じることが多い方は、マットレスを買い替えることをお勧めします(参照:「快眠に不可欠!マットレスの選び方2つの観点」)。

パジャマは軽いものを

寝がえりの打ちやすさは寝間着からも影響を受けます。基本的には「なんでもいいわけではない?パジャマ選びに重要な3つのこと」で述べたとおり、軽いものにしましょう。特に冬場は厚手の服で寝がちではありますが、重いと簡単に寝がえりを打つことができません。

最後に

以上、寝がえりの持つ2つの意味をご紹介しました。仰向けに寝て起きた時も仰向けになっていて、しかも腰やお尻に違和感があれば、寝がえりをきちんと打てていないということですので、パジャマを変えたり、マットレスを新調するようにしましょう。