90分単位はベストじゃない?最適な睡眠時間とは?

睡眠時間は90分=1.5時間単位が理想的なので、6時間や7時間半にするとよい、という話をよく耳にするかと思いますが、最近の研究では否定されつつあります。一体どういうことなのか、本記事で、詳しく説明していきます。

そもそも何故「90分単位がベスト」と言われたのか

寝ている間ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返している

冒頭でも述べたとおり、人間の最適な睡眠時間は90分=1.5時間の倍数がよいという話を耳にしたことのある方は多いと思います。そもそも、この説が言われるようになったのはなぜなのでしょうか。由来を探る前に、人間の睡眠についてのおさらいです。レム睡眠とノンレム睡眠に関する記事でも述べたとおり、人間の睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠が一定時間ごとに周期的に切り替わっていきます。そして、寝始めたから目覚めるまでにそのサイクルを4~5回ほど繰り返しています。このノンレム睡眠とレム睡眠の周期と、最適な睡眠時間に大きな関連性があるのです。

切り替わりサイクルは90分おき?

これまでの研究において、このノンレム睡眠とレム睡眠の周期の平均がおよそ90分だということがわかってきました。そのため、6時間や7.5時間といった、90分の整数倍の時間で眠れば、サイクルの終わるタイミングで起きられるので、理想的だと言われてきたのです。しかし、あくまで平均が90分なのであり、万人が90分というわけではありません。個人によっておよそ80分~100分といったばらつきがあるので、人によっては、90分の整数倍で寝ようとすると、睡眠が深くなっているタイミングで起こされることになってしまいます。ですから、90分の整数倍の睡眠時間にすることに固執する必要はありません。下手をすれば、それに固執していたために、毎日眠気と闘っていた人もいるかもしれません。

最適な睡眠時間はどの程度?

最適な睡眠時間は人それぞれ

それでは、最適な睡眠時間とはどの程度なのでしょうか。それは朝すっきり起きることができ、かつ日中に眠気が出ない程度の長さです。つまり、人によって大きなばらつきが生じてしまいます。毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きることで、睡眠時間を固定してみたうえで、日中眠気や倦怠感を感じないようであれば、それがその人の最適な睡眠時間となります。7.5時間寝てみて、翌朝強く眠気が残るようであれば8時間にしてみる等、試行錯誤して見つけてみましょう。あるいは、休日、長い睡眠時間を確保できるのであれば、自然に起きるのが眠り始めから大体何時間後なのか、測ってみてもよいでしょう。なお、夜眠気が生じなかったり、寝る時間がどんどん遅くなるような場合は、寝すぎなので、もう少し時間を短くしましょう。

睡眠状況を記録できるアプリを活用しよう

試行錯誤してみよう、と言われても難しいという方は、睡眠状況を記録することのできるアプリ(Sleep Cycle熟睡アラーム等)を活用してみましょう。実際に寝始めた時間や起きた時間、ノンレム睡眠とレム睡眠の周期などを可視化できるので、これらの記録と翌朝の眠気・倦怠感の有無などから、最適な睡眠時間を判断してみましょう

最後に

これまで、無理やり90分の整数倍の時間寝ようとして、翌日強い眠気に苛まれていた方もいらっしゃるかもしれません。とにかく、朝すっきり起きることができて、かつ日中そこまで眠気が来ないようであれば、最適な睡眠時間ということになりますので、アプリなどを活用して割り出してみてはいかがでしょうか。