多くの快眠サプリメントにも含有されている成分、「テアニン」とは?

快眠効果や安眠効果を謳うサプリメントにしばしば含まれている栄養素テアニン。本記事では、このテアニンがどのような栄養素で、どのような効果があるのか、ご紹介します!

テアニンとは?

お茶のうまみ成分の一つ

テアニンというのはもともと主にお茶の葉に含まれている、アミノ酸の一種です。お茶のうまみ成分の一つで、一般的に高級なお茶の方が多く含まれています。植物としての茶において、テアニンは根で生成された後、茎を経由して葉に蓄えられます。

葉に日が当たるとカテキンにかわる

お茶の成分として、「カテキン」という名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。このカテキンは、茶の葉に日光があたることにより、テアニンが変化してできたものです。カテキンのうち特にタンニンは渋みを生み出す要素ですので、テアニンが多ければうまみが多く、少なければタンニンが多いので渋いということになり、上述した高級なお茶であるほどテアニンが多いというのが理解できます。

お茶以外では一部のキノコ類などにしか含まれない

お茶以外にテアニンが含まれていることが確認された生物は、実は非常に少なく、一部のキノコ類に多少含まれている程度です。サプリメントなどに用いる場合は、お茶由来ではなく微生物から抽出したものから合成していることが大半です。

テアニンの効果

リラックス効果

テアニンの主たる効果としては、リラックス・鎮静効果が挙げられます。テアニンの摂取から約30分程度経過した後に、リラックスしているときに発生する脳波の種類であるα波が発生していることが確認されています。

抗ストレス効果

他にも抗ストレス効果もあります。被験者にストレスをかけ、心拍数等の計測や主観的なストレスのヒアリング等を行う実験においては、テアニン摂取によって、ストレス抑制効果があると認められました。

テアニンと睡眠

中途覚醒改善や熟睡に効果あり

上述のような、リラックス効果や抗ストレス効果により、睡眠にも良い影響を与えることも確認されています。特に、中途覚醒をしにくくなったり、眠りの浅い人が熟睡できるようになる、という効果が得られるとされています。また、起きた時の倦怠感や疲労感の軽減にも効果があるといわれています。

自然にあるもので最も含有割合が大きいのは玉露だが…

テアニンを多く含むのは茶葉ですが、様々なお茶の中でもやはり高級な玉露の中に特に多く含まれます。玉露は収穫の2週間ほど前から葉に覆いを被せて日光に当たらないようにすることで、テアニンがカテキンに変化するのを防いでいるため、テアニンが多く含まれるようになります。ただし、お茶はテアニンだけでなく、カフェインも含んでいます。そして、玉露は様々なお茶の中でもカフェインの含有量も多いものですから、テアニンの効果だけでなくカフェインの効果も発揮されてしまい、むしろ寝づらくなってしまう可能性があります。したがって、いくらテアニンが多く含まれているからといっても玉露を寝る前に飲むのは避けましょう

サプリメントで摂取しよう

お茶以外にテアニンを含む食物はほぼ存在しませんから、お茶以外からテアニンを摂取しようとすると主にサプリメントから摂取することになります。別の記事で紹介した、アサヒ・ネナイトオリヒロ快眠サプリなどに含まれていますので、試してみてはいかがでしょうか。

最後に

以上、テアニンの特徴やテアニンがもたらす効果をご紹介してまいりました。テアニンには快眠効果が認められていますので、是非テアニンが含まれたサプリメントなどを活用してみてはいかがでしょうか。