快眠のカギは体温だった⁉深部体温と睡眠の関係性

近年の研究で、快眠のカギを握るのは体温、特に深部体温だとわかってきています。本記事では、深部体温が睡眠とどう関わっているのか、ご説明します。

睡眠と体温の関係

睡眠のカギを握るのは深部体温!

睡眠のカギを握るのは深部体温、といきなり言われても、よくわからない方は多いかもしれません。深部体温とは、字のごとく、身体の内部の体温のことです。人間の体温は、体内時計にそって、実は自然と1日の中で1℃前後上下します。17~18時くらいの夕方が最も高く、朝4~5時くらいの未明や早朝の時間帯が最も低くなります。つまり、深部体温は、活動時間帯は高くなり、休息の時間帯は低くなっていきます。このような深部体温が低くなる=休息モードという図式が脳内にあるため、夜寝る前に深部体温が低下傾向に入れば、すんなりと寝つきやすくなります。しかも、一度上昇し、急激に下がっていくようになれば、より寝やすくなります

深部体温調整メカニズム

深部体温が下がる際には、手足などの部分の毛細血管を開き、皮膚を経由して外気に熱を逃がしており、手足や顔などは火照り、あたたかくなります。お子さんがいらっしゃる方だと、赤ちゃんが眠いと手足が暖かくなるという経験があるかもしれませんが、これは、手足から熱を放出して、深部体温を下げ、眠りへ向かっているためです。このように、うまく手足などから熱を放出し、深部体温を下げると快眠に向かうことができるのですが、冷え性の方など、手足の血管が収縮していると、熱をうまく放出できず、体内にこもってしまうことで、深部体温が下がらず、寝付けなくなってしまいます冷え性の方は、入浴することで血管を拡張するようにしましょう

最後に

このように、深部体温をうまく調整することが、快眠のカギとなります。

ポイントとしては、

①深部体温が下がっていくタイミングで眠くなる

②一度上げてから下げた方がより寝やすい

という2点です。

深部体温をうまく調整するための入浴方法の記事もありますので、ご覧になり、実践してみてはいかがでしょうか。