地味に重要!最適なベッドの位置とは?

皆さまの寝室にあるベッドや敷布団。位置にこだわっていますか?意外と快眠にかかわってくるベッドの位置について、今回はご説明します。

ベッドの位置の決め方

部屋の入口からは遠く

まずは、部屋の入口付近は避けましょう。部屋の入り口付近にあると、心理的に落ち着かなくなるので、避けるのが望ましいです。もし、ドアが視界に入らないようなところがあれば、そこに枕を置けるような配置にしてください。

エアコンの風が直接当たらないように

エアコンの風が直接当たらない位置にしましょう。これは、体温が必要以上に下がりすぎるだけでなく、顔にあたっていると喉が乾燥しやすくなり、風邪をひきやすくなるためです。

壁や窓からは少し離そう

壁や窓から5cm~10cm程度離しましょう。これは、通気性を確保しておくことでカビの繁殖などを避けるためと、窓については冬などに外気の影響で寒くなりすぎるのを防ぐためです。また、スペースがあることで、多少掃除しやすくなると思われます。

あとは機能性を考えて

上述の3点を考慮した後では、動きやすさや収納スペース等、機能性を考えて決めればOKです。また、北枕を避けたいという方は、枕の位置も考えて、決めるようにしましょう。

動かせないよ!という方へ

枕の位置だけでも変えよう

もうベッドの位置は決まってしまっていて、場所を変えるには他の家具の場所も変えなきゃいけないから無理!という方は、枕の位置だけでも変えましょう。ドアから遠く、エアコンの風が当たらない方に置くだけでも多少違いがあります。

エアコンの風向きは部屋の上向きに

エアコンについては、風向きを調整できるものもあると思いますので、そういったタイプのエアコンで、冷房を使う場合、部屋の上部に風が行くように設定してください。そうすれば、直接風が当たらないですし、部屋全体が涼しくなります。ただし、暖房の場合は、熱が部屋上部にこもってしまうので、避けた方がよいです。暖房はつけず、お風呂などでしっかり温まってから、すぐ布団に入るようにしましょう。湯たんぽなどを使ってもよいです。

最後に

以上、意外と大事なベッドの位置でした。もし、引っ越しや模様替えのある方は、ぜひ上述の内容を念頭に置いて、配置を決めるようにしてください。