これでぐっすり!快眠のための入浴方法・タイミングとは?

快眠のためには良質な入浴が必要!ということで、適切な入浴タイミング・方法をお教えします!

なぜ良質な睡眠には適切な入浴が必要?

体温に関する記事で見たように、ぐっすり寝るためには寝る前に深部体温を下げていくようにすることが重要です。この深部体温の調整として、最も手っ取り早いのが寝る前の入浴です。寝る前の入浴により、一度寝る前に体温があがるので、体温を一定に保とうとする体温調整メカニズムの動きにより、熱を発散して、体温を下げようとします。それでは、どのようなタイミング・方法で入浴するのがよいか、見ていきましょう。

入浴の最適なタイミング・方法

寝る直前?それとも少し前?入浴のベストタイミングとは

入浴のベストなタイミングとしては、寝る時間の1時間半~2時間までだと、一度上がった体温が十分に下がったタイミングが寝る時間と重なり、眠気が誘発され、ぐっすり寝られるようになります。寝る直前だと、まだ体温が高く、寝付きにくくなってしまいます。

シャワーじゃだめ?最適な入浴方法とは

シャワーをあびるだけだと、深部体温がそこまで上がらないので、湯船に入ることをおすすめします。39~40℃くらいのややぬるめくらいのお湯に15分くらい入るのがよいといわれています。冷え性気味の方はもう少し高い42℃くらいのお湯に入ると、手足の血管が拡張し、熱を放出しやすくなるので、より寝やすくなります。

どうしてもシャワーで済ますには

どうしても湯船に入っている時間がない!という方や一人暮らしで毎日お湯を入れるのはもったいない!という方も、最低限、手や足を温めておくだけで、寝つきやすさが変わってきます。また、太い血管が通っている首筋にシャワーを浴びると血流がよくなり、これも効果的です。

入浴剤を入れて楽しく!

ただお風呂に入るだけでは物足りない、という方は、入浴剤を入れてみてはいかがでしょうか。温まりやすくなるものや、リラックス効果のある香りのついたものなど、ご自分にあった入浴剤を選ぶと、お風呂に入るのも楽しくなるのではないでしょうか。

 

最後に

以上のようなぐっすり寝るための入浴方法でした。

ポイントとしては、

寝る時間の1時間半~2時間までに39~40℃くらいのややぬるめくらいのお湯に15分くらい入る

時間がなくても、シャワーなどで手や足を温めておく

いずれも、すぐにでも実践可能だと思いますので、今晩から実践してみましょう!