不眠症って何?不眠症の症状四類型や要因とは?

一言で不眠症といっても、寝付けない、夜中に起きてしまう、熟睡できない、、、など様々なタイプがあります。不眠症にはどのようなタイプがあるのか、以下見ていきましょう。

不眠症とは

不眠症にも色々タイプがある

突然ですが、毎日よく寝られていますか?毎日ぐっすり寝て、昼間も快適!という方は素晴らしいですが、現代社会、なかなかそういった方は少ないかもしれません。

そんな睡眠に問題を抱えている方のうち、慢性的に、寝たいのに寝られない、あるいはすぐ起きてしまう、浅すぎて寝た気がしないなど、の症状が一定期間続く場合、不眠症が疑われます。

不眠症の四類型とは

不眠症は症状によって、以下の4つのタイプに分かれます。

・入眠障害

・中途覚醒

・早期覚醒

・熟眠障害

それでは、以下この4つについて、それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

不眠症の四類型とは

入眠障害

最もイメージしやすいのが、この入眠障害です。症状としては、ベッドに入っても、30分~1時間以上寝付けないという日が恒常的に続く、という状態です。

中途覚醒

寝付くことができても、真夜中に目覚めて、再び寝付くことが困難になる状態です。トイレ等で起きてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレから戻ってすぐ寝つくことができれば、これに当たらない可能性が高いです。

早期覚醒

寝付くことができても、朝早く目覚めてしまい、再び寝付くことができない状態です。本来起きようとしていた時間の30分以上前に起きてしまうことが頻発する場合、この症状が疑われます。

熟眠障害

これは他の3つの類型とは異なり、睡眠の量の問題ではなく、睡眠の質に関する問題です。すなわち、睡眠時間は十分とれているはずなのにもかかわらず、朝起きたときにすっきり起きられず、日中もしばしばボーっとしてしまう、という状態です。

 

不眠症の原因

原発性

医学的、精神医学的、環境的な要因(騒音や寝室が暑い/寒い等)がないにもかかわらず、1か月以上続く場合、原発性不眠症といいます。概日リズムの乱れや精神的な不安が要因となっている場合が多いです。

二次性

身体疾患や精神障害を原因として、引き起こされる場合、二次性不眠症といいます。

物質誘発性

うつ病等の精神疾患を治療する抗不安薬等の副作用や睡眠薬の使用停止による離脱症状等、物質の摂取/非摂取を原因として誘発される不眠症を物質誘発性不眠症といいます。

 

最後に

眠れない場合は色々試してみよう

二次性不眠症や物質誘発性のようにある程度不眠の原因がわかる方は、対処方法も明確となる場合が多いですが、原発性だったり寝室環境が原因だったりする場合は、なかなかわからない場合もあります。その場合、日々の生活習慣を変えてみたり、寝室環境を変えてみたりすることが重要になります。いくつか快眠のための方法はありますので、いくつか試してみて、自分にあったものを続けてみてはいかがでしょうか

ひどい場合は病院へ

とはいえ、何か月も不眠が続く、あれこれ試してみたが、全く改善しない、といった場合は、病院で医師の診断を受けることをお勧めします。きちんと、医師の指示や薬などによって、改善を試みましょう。