何故睡眠不足だと肌が荒れる?

睡眠不足に関して、女性に多い悩みの一つが肌荒れだと思います。本記事では、睡眠不足だとなぜ肌があれてしまうのか、お教えします。

睡眠不足がお肌に及ぼす影響

成長ホルモンが十分に分泌されず、新陳代謝が間に合わない

きれいな肌を保つためには、きちんとした新陳代謝があり、古い細胞が新しい細胞に変わっていくことが必要です。そのためには十分な量の成長ホルモンが分泌される必要がありますが、睡眠をとれていない状態だと、成長ホルモンも分泌されなくなってしまいます。というのも、成長ホルモンの分泌量が多くなるタイミングは寝ているときなので、睡眠時間が短いとそのタイミングを逃してしまうためです。

ホルモンバランスが乱れ、皮脂量が増える

睡眠不足は成長ホルモンだけでなく、他のホルモンバランスを乱します。女性にとっては、男性ホルモンが必要以上に分泌され、皮脂量の増加や角質の柔軟性の減少という問題が起きてしまいます。

睡眠不足による肌荒れを防ぐために

生活習慣を正して快眠

睡眠不足による肌荒れを防ぐために重要なのは、当然ですが、生活習慣を正してきちんと寝ることです。快眠のための1日の過ごし方をご参照のうえ、見直してみてはいかがでしょうか。

ビタミンB類・Cを摂取

生活習慣を正して睡眠状態を改善するだけでなく、美肌効果のあるビタミンB2やビタミンCを摂取することで、さらに肌の改善を図りましょう。また、ビタミンB6やB12は睡眠に資するので、こういった栄養素も摂るようにしましょう。

乾燥しないように

お肌にとって、乾燥は大敵ですが、睡眠にも乾燥は大敵です。寝る前にきちんと保湿ケアをするのはもちろんですが、寝室が乾燥しないようにしましょう。特に冬場など室内が乾燥しやすくなるときは、加湿器などを用いて、湿度を一定に保ちましょう。加湿器がない、という方は、バスタオルを濡らし、固く絞ったうえで室内に干しておくだけでも、乾燥対策になります。

最後に

以上、睡眠不足がなぜ肌荒れをもたらすのか、でした。美肌を保つためにも、きちんと睡眠時間を確保するようにしましょう!