実は知らない?羽毛布団と羽根布団の違いとは?

掛布団の種類として、羽毛布団と羽根布団があるというのをご存知の方も多いと思いますが、これらの違いは何なのでしょうか。

羽毛布団と羽根布団は何が違う?

原料は同じダウンとフェザー

羽毛布団も羽根布団も、同じように中綿として、ダウンとフェザーが使われています。ダウンとは水鳥などの胸部の毛であり、軸はなく、タンポポの綿毛のようにフワフワしています。フェザーは翼部分の毛であり、軸があります。赤い羽根募金でもらえる羽根をイメージしてもらえれば、間違いありません。

差はダウンとフェザーの量?

原料は同じとして、何が違うのでしょうか。それは、ダウンとフェザーの含有量です。ダウンが50%以上だと羽毛布団ダウンが50%未満でフェザーが50%以上となると羽根布団ということになります。

どっちがおすすめ?

羽毛布団の方が、保温性が高く、オススメ

羽毛布団の方がダウンを多く含有しているので、保温性が高いです。ダウンの形状は上述のとおり、タンポポの綿毛のようなものですが、フェザーに比べ空気を多く含みやすく、外気との間に厚い空気の層を作るので、布団の中は長く暖かいままになります。特に寒がりに弱い方など、布団の中の温もりがほしい方には、羽毛布団の方がオススメです。

価格は羽毛布団の方が高い

羽毛布団にデメリットがないわけではありません。それは価格です。ダウンの方が1羽あたりで獲れる量がフェザーより少ないこともあり、同量あたりの価格はダウンの方が高くなります。そのため、ダウンの含有量が多い羽毛布団の方が価格が高くなりがちです。とはいえ、そこまですぐ買い替えるものでもありませんし、奮発してよいものを買ってもよいのではないでしょうか。

最後に

以上、羽毛布団と羽根布団の違いについてでした。なお、たまに羽根布団の高級版が羽毛布団である、といった説明がなされる場合がありますが、それは嘘ですので、信じないようにしましょう。